チャーガチンキの作り方

チャーガは特にラップランドやシベリアなど、寒い地域の樺の木に生えています。これらの地域ではチャーガは様々な病気の治療薬として大変知られており、効果は科学的に裏付けられています。一般的にお茶として摂取しますが、幅広い症状の治療に局所適用としても使用されます。

局所適用にはチンキを作るのが最適です。一般的にチンキは強いアルコールと組み合わせた植物抽出液です。約50%のアルコール度数のものがお薦めです。チンキを使用する場合は、必ず飲料用アルコールを使用してください。アルコール度数が高いものは、仕事や運転に支障をきたすのでご注意ください。そのため、チンキは局所に使用してください。

自分だけのチャーガチンキを作るには野生のチャーガキノコが必要ですが、野生のものだけを使用することが重要な点です。キノコが栄養分を高めるには樺の木が必要です。チャーガは中国のキノコ農場でも作られていますが、有害な化学物質で処理された人工キノコです。こうしたことから、野生のチャーガを購入するようにしてください。

チャーガが細かい粉になるまで挽きます。これには粉挽き器またはすり鉢とすりこ木が最適です。胡椒またはコーヒー粉の大きな挽き器があれば代用できます。粉をアルコール度数が高いシュナップス500ミリリットルと混ぜます。良い例がアルコール度数が50%のウォッカです。 混ぜたものをグラスに移し、蓋で密閉します。最低でも2ヶ月間グラス内で保管し、1日おきにかき混ぜます。2ヶ月経ったら、チンキをコーヒーフィルターで注ぎ、キノコの破片を取り除くだけです。これでキノコの栄養分が非常に濃縮されたアルコールの出来上がりです。瓶を開けずに室温で保存した場合、チンキは約1年はもちます。粉を捨てたくない場合はお茶用に使えます。粉を入れた水を2時間沸かして出来上がりです。

チンキとしてのチャーガは、とりわけ乾癬、角化症、神経皮膚炎、にきびなどの皮膚の病気に効果があります。傷口の治癒や傷痕の治療にも使用できます。チャーガの抗炎症と抗酸化性は、とりわけ皮膚の症状の緩和に効果があります。チャーガキノコには治癒過程を支えるベツリンやそのほかの物質も含まれています。

チャーガチンキの使い方

チンキを局所に使う方法は簡単です。患部に滴らせて約30分間浸すだけです。30分経ったら、患部をpHの低い石鹸できれいに洗い流し、徐々に乾かします。顔のにきびや吹き出物もチンキで治療できます。アルコールを含んでいるため、少しヒリヒリする場合があります。顔の患部にまだら状にしっかりと塗布します。その際は目に入らないようにしてください。日焼けなどの炎症の治療にも非常に効果があります。チャーガチンキは傷痕が残らないように傷口を治癒します。

神経皮膚炎やそのほかの皮膚の病気といった深刻な場合は、局所適用とチャーガの直接摂取を組み合わせても良いです。ほとんどの病気が免疫反応の障害によるものなので、チャーガの摂取は非常に効果があります。上述した方法でチンキを使い、毎日チャーガティーを2杯飲みましょう。

チンキは非常に効果がありますが、アルコール度数が高いものを使うと支障が出る人がいます。病気を抱えている人、子供や妊娠している女性はアルコール度数が高いチンキは使わないでください。その代わりに別の良い方法があります。非常に強いチャーガティーを作るだけです。チャーガキノコを5株ぐらい取り、お湯で約2時間煮詰めます。お湯が濃い黒色に変わったら、それをチンキとして使えます。完全ノンアルコールで、作る時間を大幅に短縮できるのが利点です。

チャーガには抗炎症性、抗酸化性、代謝促進、免疫系の強化といった特性があり、皮膚の病気や炎症に様々な効果があります。初めて使ってから早く症状が和らぐのを実感することでしょう。チャーガによる治療は症状を和らげるだけでなく、傷痕が残らない自然治癒を促進させます。

Richard davis

Richard started AlaskaChaga in 2017. The business has expanded from just chaga chunks to now include powder, tea bags, tinctures and soap. These blog articles detail what we've learned about chaga along the journey and provide tips on how to use our chaga products.

コメントする