チャーガによる痛風治療

誰もがお茶の癒しの効果を知っています。お茶は何世紀にもわたって伝統医学で重要な役割を果たしており、今日でも、お茶の癒し効果を活用する価値はあります。お茶といえば、まずハーブティーを思い浮かびます。しかし、忘れてはならない別の特別なお茶の種類があります。それは チャーガティーです。

チャーガは栄養豊富なキノコで、特にラップランドやロシアなどの寒冷な気候の地域に生息する樺の古木に生えていますが、他の地域でも多く見られます。これらの地域では、チャーガはすでに大衆医療に欠かせない一部であり、多くの人々を助けてきました。チャーガには、免疫力を高め、代謝を促進し、抗炎症作用があります。これらの特性から、様々な分野で病気の治療や症状の緩和に活用されています。チャーガティーを飲むと、生活の質を大幅に向上できます。

特にロシアでは、チャーガティーはがん闘病の補完療法として長い間使用されてきましたが、チャーガの効果から恩恵を受けることができる別の患者群があります。痛風を抱えている人は、チャーガティーとそれに伴う食事療法で生活の質を向上させることができ、回復に成功する可能性さえもあります。

多くの人が痛風を抱えており、特に男性が多いです。通常、女性は閉経後まで発症せず、それまでは女性ホルモンの働きで守られているようです。痛風は、血中の尿酸値が高くなりすぎる代謝性の病気です。尿酸の結晶が関節や滑液包に沈着し、関節の炎症や損傷を引き起こします。痛風人には激しい痛みがあります。特に発症時には、外反母趾が侵されることが多いです。激しい痛みが続くと、生活の質が低下し、大幅に制限されることとになります。しかし、痛風に伴う問題は関節だけではありません。尿酸の結晶が腎臓に沈着し、腎障害や機能障害を引き起こし、最悪の場合は腎不全に至ることもあります。

しかし、血中の尿酸値が高くなる原因は何なのでしょうか?

基本的には、この病気の発症には遺伝的要素がありますが、それ以外のいくつかの要因によっても発症リスクが高まります。その要因は、他の病気や薬の服用によるものだけでなく、食生活の乱れ、過度の飲酒、運動不足、肥満などがあります。これらの要因から、痛風は「贅沢病」と呼ばれることが多いです。

尿酸の生成と排泄のバランスが取れなくなると、血中の尿酸濃度が上昇します。尿酸は、プリン体の分解など細胞が分解される際に生成されます。プリン体とは、食品に含まれている成分で、食事を通して取り込んでいます。肉類、ソーセージ、豆類などに含まれています。プリン体を除去するのは主に腎臓の機能により、それほど重要でない場合は腸が担います。したがって、尿酸の濃度を上昇させる主な要因は三つあります。

プリン体を含む食べ物を摂り過ぎる。

細胞が過剰に壊される。

腎臓で十分な量の尿酸が排出されない。

療法は生活習慣を根本的に変えること、つまり、毎日の運動、減量、食事療法を守ることから成ります。この場合の食事療法とは、プリン体を多く含む食品をほとんど食べず、アルコールや清涼飲料水を控えることを意味します。この方法は、症状を和らげて、病気の進行を遅らせるのに多少の効果があるかもしれませんが、多くの人には、生活の質を向上させるのに十分ではありません。多くの場合、強い薬が必要となりますが、腎臓や他の臓器に傷つけたり、重大な副作用をもたらす可能性があります。

このような場合には自然療法が良いという理由はここにあります。上述したように、チャーガには新陳代謝を促進する作用、免疫力を高める作用、抗炎症作用があります。この三つの特性は、痛風に効果があります。痛風に悩んでいる方、または知り合いに痛風に悩んでいる方がいる場合は、チャーガティーを使った治療を試してみてください。

治療の経過は、プリン体の少ない食事との組み合わせでのみ効果があります。そのため、生活習慣を変えることが欠かせません。

チャーガティーは一日二杯飲みましょう。一杯目は、朝起きてから食事の30分前に空腹のまま飲みましょう。このタイミングでお茶の効果を最も引き出せるというのが分かっています。お茶の淹れ方は簡単です。カップを取り、少しの粉末を加えます(粉末にしたチャーガがない場合は、塊を粉砕する必要があります。注意点:生のチャーガはまず1ヶ月間乾燥させなければなりません)。その上に熱湯を注ぎ、お茶を5分から10分ほど煎じます。ストレーナーやフィルターでお茶を注いだ後、じっくりと飲めます。

チャーガは摂取に限らず、外用に使用しても効果はあります。ラップ療法を活用した治療にも最適です。布、できれば綿のものをチャーガティーに浸して患部にあてるだけです。患部に風があたったり、急に冷えたりしないように注意しましょう。

チャーガ茶は関節の炎症を抑制し、腫れを和らげます。その有効成分は痛みとも戦う効果があります。お茶を飲んでからわずか数日後でも、症状が和らぐのが目に見えて分かるでしょう。病気の重症度次第では、回復に時間がかかりますが、短い間で大幅な緩和を感じることができます。

痛風はしっかりと治療できるので、症状のある人は絶望せず、気を強くもちましょう。チャーガティーの力を借りれば、今の苦しみは過去のものとなるでしょう。チャーガの特別な力を活用して、痛みのない生活を送れることを期待しましょう。

Richard davis

Richard started AlaskaChaga in 2017. The business has expanded from just chaga chunks to now include powder, tea bags, tinctures and soap. These blog articles detail what we've learned about chaga along the journey and provide tips on how to use our chaga products.

コメントする